FC2ブログ
6年生 GORI CUP

6年生 GORI CUP

6年生 GORI CUP ~ 6年生最後の招待大会 ~

今大会も最後とはいえ、いつも通りVALIANTのスタイルで戦う。
選手達には、「今日は最後なので、1日の中で全員が必ず試合に出場して優勝を目指す」
ということを伝え、私も全チームのスカウティングを行いながら大会に臨んだ。
縦が短く、必然的にハイプレッシャーになるこのコートで具体的に気を付けたことは、DFの安定と、狭いからこそ幅と厚みを使えるようにシステムを考えること。

予選リーグ
VS フッチ
0-0
1-0 ユウナ
フッチは、ウォーミングアップを見ていても、チームのスタイルがうかがえる良いチーム。
ただ、丁寧にボールを回し、ボールを失わないことを優先してくれたので、こわさはなかった。
しかし、うちも同様、目的を見失い、相手のDFラインが無謀に上がってきて、最前線にチャンスがあるにもかかわらず、そこをつくことができないでいた。
「インサイト」が足りない。
そこが改善されれば勝てると思い、そのことだけ指摘し後半送り出す。
後半は、うまくビルドアップから前線への縦パスが入り、決定的なシュートチャンスを作ることができた。
後半主導権を握ることができてから交代をすすめたが、全員を出場させることがまだ出来なかった。しかし次につながる良いゲームをみんなが出来ていた。


VS 修徳マッスル
2-0 ユウナ・セイヨウ
3-0 ソウマ・カイト・ソウマ
相手は、ひたむきにボールを追う、とても好感の持てるチーム。
しかし、きっちりうちも相手の良さを消し、うちの良さを出すことができ、全員が出場し、チャンスも多く作ることが出来ていた。
身体能力が同じくらいの相手に対しては、サッカーの質でもう負けないくらい、チーム全員がしっかりと成長していることを見せてくれたゲームだった。


VS tonan前橋
2-0 ユウナ・カイト
2-0 ユウナ・ユウナ
tonan前橋は、とにかくGKの質がとても高いチーム。よく遠くも見えているし、そこへ正確なキックで一気にダイレクトパスを送れるので、それを頭に入れておく必要があった。結果的に、攻撃時に、左右に揺さぶってから、最後のGKとの1対1を冷静に決めることができたことが良かった。


決勝戦
VS Grant
0-2
2-3 リョウ・カイト
怪我で7人しかいない相手。しっかりと引いて守ってくる相手に対して、いかに揺さぶって、相手の守備組織に隙間を開け侵入することができるのかと、数的優位がどこにできているのかを理解し、そこにシンプルにボールを送ることができるかがポイントとなった。しかしこの狭いコートでは5人が引いてまもるDF組織を打開することは難しく、広く広がってサイドに散らしながら攻撃したことが、逆に仇になった。ボールを奪われ、シンプルにカウンターを受けたときに対応が遅れ、能力の高いFWにやられてしまった。本来ならば、一つの局面を一人の力で打開できてしまうこれだけ高い能力のFWには、一人多くDFを配置し対応しなければならなかったのだが、そうは言ってもバランスを保ち、カバーリングも行っていたので、選手たちが成長するために、それよりもむしろ攻撃に手数を増やすように指示。後半10分からやっと効果的な崩しができるようになり、FWを追い越してスペースに走りこんだショウタにボールがつながって、何度か決定的なチャンスを作れるようになっていった。そしてあらかじめ指示していた、絶対にフリーが生まれる逆サイドの奥の選手にやっとボールが行くようになったのが試合終了残り2分前。右からのアーリークロスに対し、中央に入ったセイヨウが相手DFを引き付け、スルー。その先にランニングを起こしてフリーで走りこんできたリョウがダイレクトであわせ1点目。左サイドから中央でショウタが受けて、シンプルに右奥のカイトに散らし、フリーで受けたカイトは冷静に一つ持ち込んでからしっかりとしたシュートをはなち2点目。残り2分でやっと狙い通りのプレーが出来たところで試合終了。とても良い経験になった。

予選では、しっかりとした良いサッカーをするチームに対し、VALIANTの目指す「選択肢の多い、攻撃的なサッカー」が出来ていた。皆6年間で本当に成長してくれた。決勝戦では、最後に難しい課題に取り組むことになったが、たった1試合の中でそのゲームの中で解決することができた。判断の伴った技術を求めてきたことで、そのゲームの中で改善してしまう能力もついてきたことを証明してくれた。
街クラブでも、これだけ質の高いサッカーを目指し、取り組んできた選手たちは、本当によくやってくれたと思うし、最後まで11人制にもつながる良いサッカーを続け、成長し続ける姿を見せてくれた。
最後の大会にふさわしく、今後の成長も期待させてくれる、内容の濃い、良い大会となった。

皆の成長が、本当にうれしい。

20160319170444577.jpg
スポンサーサイト

0 Comments

There are no comments yet.

Leave a reply