FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
三井のリハウス東京都U-12リーグ13ブロック1部リーグ

三井のリハウス東京都U-12リーグ13ブロック1部リーグ

28日は、6年生のU-12リーグでした。
第5節 VS 清瀬イレブン
2-0 タイガ、オウジロウ
2-0 タイガ、リョウゴ
4-0 〇

第6節 VS こみね
1-3 オウジロウ
4-1 リョウガ、タイガ、リョウガ、リョウガ
5-4 〇

今回は、うちだけではなく、他のチームも運動会でメンバーが揃わない状況での対戦。
試合前のミーティングで、鈴木コーチから今日のゲームの確認。
しかし、怪我明けの選手も数名いて、いつもとは違うグループでイメージ通りにならないプレイに加え、蒸し暑さにも負け、メンタルが落ちていた。
特に2試合目の前半は酷かった。
悪いときのパターンで、判断を誤り安易にボールを失って失点。
コミュニケーションを図り、自分たちで立て直すこともできず、ずるずると失点を重ねる。

通常のハーフタイムでは、作戦版を使い、
ピッチで何が起きているのか客観的に現状を把握
良いことを2つ位と、改善したいことを1つ提示
後半戦の戦い方の共通理解をはかって送り出すのだが、
今回は久しぶりにそういったことは一切話すことはなく、ゲームに取り組む姿勢の部分だけを強く指摘して送り出した。

どのようにハーフタイムを過ごすかというポイントは、

指導者は、選手たちを信じ、こうすれば後半で良い方向で戦えるということを伝え導く。
選手たちは、仲間を信じ、自分たちの戦い方を信じてピッチに向かう。

今回は、それが技術や戦術のことではなく、メンタルだった。
そして後半1点はさらに取られたが、4点返して逆転勝利。

このチームは、普段のTRから鈴木コーチにかなり厳しく取り組む姿勢のことやプレイのこだわりについて、プロ目線で指導を受け、徐々に本当の力がつき始めている。
今後もっと飛躍してくれることを期待する。


ミーティング
ゲーム1
ゲーム2
ゲーム3
ゲーム4
スポンサーサイト

- 0 Comments

There are no comments yet.

Leave a reply

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。