FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
迷子防止!「居場所」と「優先順位」

迷子防止!「居場所」と「優先順位」

久しぶりにブログの更新。

今日は、4年生と6年生のTRM。
いつものように、それぞれ1試合目の前半をみて問題点を見つけ、改善していく。  

4年生は相手の選手をフリーにさせてしまい、対応が後手後手に回っている。「居場所の改善」にテーマをしぼった。

 まずはピッチの中で迷子にならないように!  
迷子になっているから、進むべき道がわからないから、何をしなければならないのかがわからず困っている。
 そこで正しい居場所を教えてあげるのは、指導者の役目。
正しい居場所がわかると、プレイも整理されてくる。
 何をしなければならないのかがわかってきて、こんなことが出来たらよいなと思えるようになれば、出来ることが増えてくる。
早速、みんな出来ることが増えていって、良いゲームが出来ていったね。
 今はまだ、もう少しそこを突き詰めて、もっともっと出来ることを増やしていこう!

 6年生は、せっかく奪ったボールを、自分たちのミスでまた失っていくプレイが目立つ。「ビルドアップの優先順位」を明確にして、この学年のスタイルを作り上げていこう。
サッカーの原理原則にのっとって、ビルドアップの優先順位はある。そこにさらにVALIANTの選手の特徴を加味して色付けすると、VALIANTの「ビルドアップの優先順位」が決まる。その時の選手の体調や、相手チームとの相性、ピッチの状況なんかも、その試合ごとに要素として加わってくる。
それを見極め、選手に伝えるのは監督の役目。
 徐々に、サイドバックのオーバーラップも出てくるようになり、高い位置の選択肢も増えてくるようになっていった。
 そうなると、チャンスも増え、面白いプレイも増えてくる。
 その方が、やっていても、見ていても楽しいサッカーになっていく。 
 やっぱりサッカーは、楽しくないと!

そういえば、4年生の対戦相手に、とても個性的で魅力的な選手が一人いた。

 私の目からは、真ん中でもっともっとボールにかかわり続けるプレイを見てみたかったのだが、ずっとサイドにいたので、ちょっとそのチームの指導者の方に「なぜサイドでプレイさせているのか?」と質問してみた。
すると「とてもこだわりのある選手で、ネイマールにあこがれていて、同じポジションでプレイしたいから」という理由でサイドでプレイしているとのこと。
こだわりを持ってプレイすることは良いことだし、それを認めてあげている指導者も、とても良いなと思った。
うちにも個性的な選手はいるが、もっともっと自分の良さを追求し、魅力的な選手になってほしいな。


日本ブログ村のランキングに参加中です!
ブログを読んだ方は、バナーのクリックをお願いします!
にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村 ←クリック!

20160918
※写真はイメージです
 
スポンサーサイト

- 0 Comments

There are no comments yet.

Leave a reply

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。